ビッグデータ活用における現状

ビッグデータの市場認知が進み、成功事例が報告される中、今後に向けては、日本がデータ立国として認められ、さらなる業績拡大事例や世界に打って出るための武器としての活用事例が大いに期待されています。
一方で、ビジネスの現場では、ビッグデータの定義論や生み出された技術を生かし切れない状態、データよりも勘や経験が横行する組織、ビッグデータに疑心暗鬼な情報システム部門、分析止まりでアクションにつながらない、など課題は山積しており、目標にむけては大きな乖離がある状況だと認識しています。

データサイエンティスト育成検討事務局


データサイエンティスト育成検討事務局の設立

そのような課題に対し、ビジネスにおけるデータ活用を進める人材を一人でも多く育成・輩出し、データ活用の風土を創造するために、データサイエンティストの育成に積極的な教育企業やITベンダー・分析企業らと連携しデータサイエンティスト育成検討事務局を設立いたしました。
データサイエンティスト育成支援を通じ、日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向け、データ活用の裾野の拡大、データサイエンティストの輩出に貢献したいという想いで、継続的に活動いたします。

 

データサイエンティスト育成検討事務局 体制

今後の活動計画