データサイエンティスト育成検討事務局とは

「データ立国日本」の実現に向け、データサイエンティスト人材の育成支援を行う

日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向け、 人材育成に積極的なITベンダーや分析企業らとともに、データサイエンティストの「育成体系」「スキル定義」「人材像モデル」を提唱し、人材育成を支援する立場としてデータ活用の裾野を拡大を目指します。

設立背景と目的

ビッグデータの市場認知が進む一方、データを活用した業績拡大事例の創出や、世界に打って出るための武器としてのデータ活用など、目標とすべき姿と大きな乖離がある状況だと認識しています。

そのような中、日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向け、データ活用の裾野の拡大、データサイエンティストの輩出に貢献したいという想いで、データサイエンティストの育成に積極的な教育企業やITベンダー・分析企業らと連携しデータサイエンティスト育成検討事務局を設立いたしました。

詳細はこちら

事務局体制

日本におけるデータ利活用の普及、ビジネスへの貢献、国際競争力強化に向けて、必要となるスキルや経験、情報の流通・普及を目的とし、人材育成に積極的な企業で当検討事務局は構成されております。

詳細はこちら

育成体系・スキル定義・人物像
公開・活用・高度化の流れ

人材育成に積極的なITベンダーや分析企業らとともに、データサイエンティストの輩出を支援すべく、データサイエンティストの「育成体系」「スキル定義」「人材像モデル」を提唱し、人材育成を支援する立場として、データ活用の裾野を拡大を目指します。

詳細はこちら

最新版データサイエンティスト育成体系と
スキル定義

データサイエンティスト育成検討事務局では、現時点で以下の2点を公開します。

  1. データサイエンティスト育成体系と定義
  2. データサイエンティスト人材像

弊事務局が公開する内容は、普及を目的としたしております。
よって、CC(クリエイティブ・コモンズ)ライセンス下の著作物として、広く自由に利活用いただけます。

詳細はこちら

お知らせ